古事記から考えるモノとの関わり方

 

どうしてこんなにもモノが増えて

モノに振り回される人が増えたのか?

 

着物を着るより洋服を着る人の方が増え

高度経済成長期には家電製品が充実し

日本人の暮らし方は随分と

変わりました

 

それに伴い

モノの持ち方や収納方法

食生活などあらゆるコトが

大きく変わり続けています

 

では

そもそも

日本ってどんな国?

日本人ってどんな民族?

 

それは

「古事記」に詳しく書かれています

建国をしっかりと伝える為に

日本人向けに書かれた最も古い書物です

 

戦後

日本がアメリカに負け

教科書の内容も変わり

深い内容までは学んで来なかった「古事記」

 

紐解くことで

日本の良さや大切にしている精神を学び

子供達に「日本」を言葉で伝えられる大人に

なりませんか?

 

モノについて考えるよりも前に

日本人という"人となり"への

理解を目指して行きます

 

  

詳細

 

<タイムスケジュール>

11:00〜12:00  古事記を学ぶ

12:00〜13:00  昼休憩

13:00〜14:00  古事記から考えるモノとの関わり方について

ワークや目標設定など

14:00〜15:00  tea time

 

定員:5名 

場所:名古屋市北区 小川家にて

住所:追ってご連絡致します

駐車場:有り

 

持ち物:筆記用具、お弁当、お茶

料金:各回 9,900円(税込)

女性限定

 

 

【日時】

1回目:2019年12月4日(水)11:00〜15:00🈵

2回目:2020年1月22日(水)11:00〜15:00残席1

3回目:2020年2月12日(水)11:00〜15:00残席2

 

 

 

【お客さまのご都合によるキャンセルについて】 

キャンセル日に合わせて下記の金額を返金させて頂きます

■開催日の14日前まで :事務手数料(1,100円)+振込手数料(157円)を差引いて返金

■開催日の14日前~1日前まで :事務手数料(3,300円)+振込手数料(157円)を差引いて返金

■開催日当日 :返金なし