· 

京都|俵屋旅館

10月30日

お誕生日は夫婦で京都旅行へ

かねてから主人が行きたがっていた

俵屋旅館へ連れて来てもらいました

 

気候がいい時期に生まれて来たせいか

私の誕生日にばかり

贅沢をさせてもらってと

気が引けるのですが…

 

せっかく平日に有休まで取ってくれたので

思う存分

楽しい時間を味わい尽くす事に決めました

 

案内されたお部屋は「泉の間」

まるで部屋の一部の様な美しいお庭が目に飛び込み

涙がホロホロと…こぼれ落ちてしまいました

 

「とにかくゆっくりと寛いで欲しい」

最初にそう言われた言葉が印象的で

すぐにスイッチがOFFになってしまいました(笑)

 

窓はピカピカで

開いているのかと思っていたら

実は閉まっていた事にもかなり驚きました

 

館内を散策

17時〜22時まで入れる

「アーネスト・スタディ」が

やっぱりかっこ良かった・・・

 

お部屋で夕飯

今までの人生を思い返していました

 

食べ盛りなのに貧乏な大学生時代

収入が不安定だった時代

42歳まで無事に健康に生きてこれた奇跡

パートナーと仲良く暮らせているありがたみ

 

親や兄弟も元気で居てくれること

好きな仕事があること

慕ってくれる人が居てくれること

 

 

言葉掛けの優しい客室係の

美しいお辞儀を見た瞬間

こらえ切れない涙が

溢れて来てしまいました

 

こんな日を迎えられるなんて

思い描けなかった日々も長かったが故に

感動がひとしおです

 

夜は実測したりデッサンする予定が

幸せ過ぎて眠ってしまいました😉

はっと目が覚めて真夜中の入浴

 

15時から用意して頂いたお湯は

当然ぬるいだろうから入れ替えようと

手を入れてみると

十分入浴できる温度でビックリ

 

何百年も続く古いモノを大切にしながらも

機能面では例えば床暖房など

心地良く寛げる工夫が凝らされていて

新旧のバランスを肌で感じていました

 

主人は明け方まで

仕事をしたり実測したり

一人の時間を満喫していた様です

 

翌朝

お部屋で朝食

京都らしい湯豆腐やお漬物

鯛の塩焼きに添えられたゆで卵が

新鮮でした

 

 

 

11時のチェックアウトから正午まで

荷物と車を預かって下さいました

ギャラリー遊形でお土産選びを

 

戻って来たらお花が替わっていて

鮮やかな紅葉に息を飲んでしまいました

お茶まで出して下さり

ほっと一息

 

靴をはいたら温かくて

完全にノックアウト…

すごい、素晴らしい。

 

コツコツと積み上げて

磨きを掛けて来られた空間

 

静けさの中でエネルギーを養わせてくれる

穏やかな時間

 

禁止事項が何一つ書かれていない

客人への信頼

 

安心安全で平和な空間

ここに集まる人々の笑顔

 

思い出深い誕生日となりました

 

しっかりと充電できました

 

こちらの本も素敵でした↓